CACE7 サクラ銀塩寫眞館~石神井川の桜咲く頃現れる写真館~


【開催概要】

 <場所>板橋(石神井川沿い)板橋区本町29

 <日時>4月1日(日曜日)11:00-14:00 ※雨天中止 

 <参加方法>

◆写真撮影を希望される方(ご協力下さい!!)

(申込方法)メール nagase@zilocca.com
先着5組様で下記時間にて撮影を行います。
メールにて「お名前・撮影人数・連絡先・希望時間帯」をご記入頂きメールにてご連絡下さい。※先着順とさせて頂きます。 

午前の部 
1組目:11:00-/2組目:11:30-/3組目:12:00-
午後の部
4組目:13:00-/5組目:13:30-

 <会費> 1組様(5000円税込)
 ※ファミリーの場合は3000円
 ※お仲間の場合は1組価格なので5名様の場合は1人1000円みたいな感じです  
古い機器ゆえに撮影工程は全て手作業でフィルムも高額。費用がどうしてもかかってしまいます。 今回は銀塩写真価値を見出して頂ける皆様に協力頂くことで 「銀塩写真館」を実現し空想を楽しめればと思っています。


(参照元:銀塩写真のゆるぎない魅力より)


 <出典:写真のことば>

家族写真を銀塩のモノクロプリントでのこしていくことの大切さを感じて伝えたい


◆「いたばし空想地図」参加の方

申込方法 (FB参加ボタン)or(MAIL) nagase@zilocca.com
今回は年に一度しかこない「銀塩写真館」の撮影風景を眺めにくる。 そんなスタイルで開催します。滅多にみられない銀塩写真を見るだけでも一見の価値あり。 もちろんその光景を写真におさめるのもまた一興。 ふらっと立ち寄って頂き立ち話をしながら、 また来年桜の木の下でやったら面白いコトを空想してみる会となります。


【当日流れ】

11:00~14:00 

※今回はふらっと現地に立ち寄り頂き井戸端会議風。挨拶だけでも、眺めるだけでもOK。ふらっと来て自由に帰るそんなスタイルです。 


 <主催>いたばし空想地図実行委員会


<こんな方に参加して欲しい>

銀塩写真に興味ある方

家族の風景を楽しみたい方

アナログ好き

桜が好きな方 

近隣の方

地域で何かしたい方

とにかく空想してみたい方




【空想題材】

 "もしも昔ながらの銀塩写真館が"桜の下"にあったなら。 いたばし空想地図の新たなアプローチ企画。 板橋十景のひとつ「板橋"旧中山道の仲宿付近の石神井川にかかる橋"」 "桜の下で一日限りの銀塩写真館を開館します。 毎年、板橋には沢山の方が桜を観にやってきます。スマホで撮影しSNSにアップしたりお花見をしたり。その賑やかな光景を見てふと思う事がありました。 


"ここに写真館があったなら"  


桜そのものを楽しむのもいいけど、 ここに写真館がありアナログな撮影方法で、 家族写真を撮影している風景があったら素敵だなと。今回はそんな桜の下で季節と風景に寄り添いながら"空想"を楽しんでいきたいと思います。


撮影に参加される方は「銀塩写真のファインダーの中に"今"という時間を感じながら」 板橋で家族写真を撮る行為そのものを楽しみ、プリントまでかかる時間をゆっくりと待つ写真は一生の想い出に残る一枚になるかもしれません。


いたばし空想地図に参加される方は、 写真館がある風景を眺めながら「また来年、桜の咲く頃、板橋のふもとに何があったら楽しいか?」をテーマに 井戸端形式で空想を楽しみましょう。是非、お花見がてらにご参加下さい。 


◆FB申込ページ→コチラから



<銀塩写真って?>


<カメラのこと>

ディアドルフ8×10 (ディアドルフ エイトバイテン)

1950年代、アメリカのシカゴで製造されたカメラです。 


現像は暗室で一枚一枚丁寧に。


<場所はここ>


いたばし空想地図

空想でつくる板橋の地図

0コメント

  • 1000 / 1000